不景気.com > 国内倒産 > 静岡の檜住宅建築「菊池建設」が民事再生法申請

静岡の檜住宅建築「菊池建設」が民事再生法申請

静岡の檜住宅建築「菊池建設」が民事再生法申請

静岡県静岡市に本拠を置く建築業の「菊池建設株式会社」は、5月19日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1955年に創業、1975年に「檜の家株式会社」として法人化した同社は、国産檜を使用した木造注文住宅の建築工事を主力とするほか、寺社・仏閣の建築工事も手掛け、東京・神奈川・埼玉・千葉に営業所や展示場を複数開設するなど事業を拡大していました。

しかし、2002年に主力行の「中部銀行」が経営破綻したことで信用不安がささやかれると、その後は景気低迷に伴う住宅着工戸数の減少などから業績が悪化、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事