不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイが318億円の最終赤字へ、16年3月期

ジャパンディスプレイが318億円の最終赤字へ、16年3月期

ジャパンディスプレイが318億円の最終赤字へ、16年3月期

東証1部上場のディスプレイメーカー「ジャパンディスプレイ」は、2016年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が318億4000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年3月期通期連結業績予想:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
前回予想 1兆30億円 220億円 未定
今回予想 9891億1500万円 167億1000万円 △318億4000万円
前期実績 7693億400万円 51億4700万円 △122億7000万円

円高に伴う為替差損として第4四半期に約112億円を追加で計上(通期では約219億円)するほか、構造改革に伴う生産ラインの一部廃止や減損処理などで約140億円の特別損失を計上することから、純損益は前期に続き大幅な赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ジャパンディスプレイ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事