不景気.com > 赤字決算 > 双葉電子工業が19億円の最終赤字、為替差損、16年3月期

双葉電子工業が19億円の最終赤字、為替差損、16年3月期

双葉電子工業が19億円の最終赤字、為替差損、16年3月期

東証1部上場で蛍光表示管やラジコン機器製造の「双葉電子工業」は、2016年3月期決算短信を発表し、当期純損益が19億4600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2016年3月期通期連結業績:双葉電子工業

売上高営業損益純損益
16年3月期 698億3000万円 14億9300万円 △19億4600万円
前期実績 701億4100万円 19億100万円 5億6700万円
次期予想 720億円 35億円 18億円

円高に伴う為替差損の発生で8億4500万円の営業外費用を計上したほか、電子部品事業および生産器材事業における収益性低下に伴い、北茨城工場や中国の子会社などが保有する固定資産について約20億円の減損損失を計上したことから、純損益は赤字転落となりました。

2016年3月期決算短信:双葉電子工業

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事