不景気.com > 企業不況 > イーター電機工業が上場廃止、2期連続の債務超過で

イーター電機工業が上場廃止、2期連続の債務超過で

イーター電機工業が上場廃止、2期連続の債務超過で

ジャスダック上場のスイッチング電源メーカー「イーター電機工業」は、2016年3月期末において2期連続で債務超過となることから、7月下旬に上場廃止となる見通しを明らかにしました。

2015年3月期に多額の棚卸資産評価損を計上したことから、一時は債務超過に陥ったものの、2015年5月に第三者割当増資を実施したことで、その翌月には債務超過を解消していました。

しかし、今年4月に入り2016年3月期の決算手続を進めるなかで、在庫評価および債権回収可能性の見直しが必要となったことから、それに伴う営業外費用および特別損失の計上を余儀なくされたため、再び債務超過に転落し上場廃止が不可避な状況となりました。

同社株式は5月18日付で監理銘柄(確認中)に指定されており、6月24日に予定する有価証券報告書の提出日に整理銘柄の指定を受け、その1ヶ月後に上場廃止となる予定です。

監理銘柄(確認中)の指定:イーター電機工業 | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事