不景気.com > 国内倒産 > 菓子製造「千鳥屋総本家」が民事再生法、負債23億円

菓子製造「千鳥屋総本家」が民事再生法、負債23億円

菓子製造「千鳥屋総本家」が民事再生法、負債23億円

東京都豊島区駒込に本拠を置く和洋菓子製造の「千鳥屋総本家株式会社」は、5月16日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1992年に「東京千鳥屋ビル株式会社」の商号で設立の同社は、不動産売買・賃貸を主力に事業を展開したほか、関係会社だった菓子製造「千鳥屋総本家」の業績が悪化に伴い、2014年12月に同関係会社を吸収合併し商号を「千鳥屋総本家」へ改称していました。

菓子製造業者としての千鳥屋総本家は1630年に創業の老舗で、銘菓として知られる「千鳥饅頭」や「チロリアン」などを製造していたものの、吸収合併以降も売上低迷が続いたことに加え、大口取引の打ち切りなどから自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約23億円の見通しです。

千鳥屋総本家、民事再生へ (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事