不景気.com > 海外倒産 > 英老舗ブランド「オースチンリード」が会社管理手続を申請

英老舗ブランド「オースチンリード」が会社管理手続を申請

英老舗ブランド「オースチンリード」が会社管理手続を申請

イギリスの老舗紳士服ブランド「オースチンリード」(Austin Reed)は、4月26日付で会社管理手続を申請し、管財人の管理下に置かれ経営破綻したことが明らかになりました。

1900年に創業の同社は、イギリスの大手紳士服ブランドとして同国内に約70店舗を展開するほか、2009年には同じくイギリスの老舗ブランド「ビエラ」(Viyella)を買収するなど事業を拡大し、また、日本でもライセンスブランドが展開されていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、ファストファッションの台頭など価格競争の激化も重なり販売不振に陥ったため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事