不景気.com > 赤字決算 > 曙ブレーキが195億円の最終赤字へ、北米減損、16年3月期

曙ブレーキが195億円の最終赤字へ、北米減損、16年3月期

曙ブレーキが195億円の最終赤字へ、北米減損、16年3月期

東証1部上場の自動車部品メーカー「曙ブレーキ工業」は、2016年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が195億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年3月期通期連結業績予想:曙ブレーキ工業

売上高営業損益純損益
前回予想 2830億円 △35億円 △70億円
今回予想 2813億円 △38億円 △195億円
前期実績 2541億5700万円 40億400万円 △60億9500万円

北米の過大な受注による生産混乱で追加費用の発生が常態化しており、北米事業の立て直しを目的として、ケンタッキー州・エリザベスタウン工場の生産設備などについて約100億円の減損損失を計上することから、純損益は大幅な赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:曙ブレーキ工業

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事