不景気.com > 赤字決算 > メイコーが112億円の最終赤字、円高影響、16年3月期

メイコーが112億円の最終赤字、円高影響、16年3月期

メイコーが112億円の最終赤字、円高影響、16年3月期

ジャスダック上場で電子回路基板製造の「メイコー」は、2016年3月期決算短信を発表し、当期純損益が112億5000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2016年3月期通期連結業績:メイコー

売上高営業損益純損益
16年3月期 952億8700万円 33億2500万円 △112億5000万円
前期実績 908億9500万円 △28億6500万円 △95億7300万円
次期予想 912億円 38億円 13億円

自動車・スマートフォン向け製品の販売が好調だったことから、売上高・営業損益は前期を上回ったものの、急激な円高に伴い約18億円の為替差損が発生したことから、純損益は赤字継続となりました。

2016年3月期決算短信:メイコー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事