不景気.com > 国内倒産 > 北海道・網走の旅館「友愛荘」が破産申請、負債12億円

北海道・網走の旅館「友愛荘」が破産申請、負債12億円

北海道・網走の旅館「友愛荘」が破産申請、負債12億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、北海道網走市に本拠を置く旅館経営の「有限会社友愛荘」は、3月31日付で釧路地方裁判所網走支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1961年に創業の同社は、網走湖の近くで客室数111室の旅館「かに本陣 友愛荘」を経営し、新鮮なカニ料理が人気だったほか、カニ料理の卸販売も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みに加え、カニ料理の卸も不振に陥ったことで業績が悪化すると、過去の設備投資による多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約12億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事