不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/24、赤字業績の発表が多い1週間

週刊不景気ニュース4/24、赤字業績の発表が多い1週間

週刊不景気ニュース4/24、赤字業績の発表が多い1週間

4月18日から24日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産申請により倒産したのは、高知の自動車整備「イノオートサービス」、青森の建築業「斉下建業」、大分の空中撮影「アイテック」、東京の金融システム開発「CFS」、静岡の蒲鉾板製造「岡本木工所」、愛知の建築業「アーデンハウスデザイン」となりました。

また、愛知のスポーツクラブ経営「デューなつめ澄懐館」と、青森のゴルフ場経営「青森県観光開発」が民事再生法の適用を申請し、東京の元・アルミダイカスト製品製造「ケイディ」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、アメリカの大手半導体メーカー「インテル」が1万2000名の人員削減を実施し、同じくアメリカのソフトウェア大手「マイクロソフト」が家庭用ゲーム機Xbox360の生産を終了、ホテル業の「藤田観光」がホテル鳥羽小涌園の営業を終了すると発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、炭素製品製造の「SECカーボン」、太陽光発電システム販売の「サニックス」、石油プラント関連装置製造の「ナガオカ」、石油精製大手の「出光興産」、肌着メーカーの「グンゼ」、トヨタ系の商社「豊田通商」、電子部品材料製造の「巴川製紙所」、ブランドショップ展開の「セキド」、照明器具メーカーの「遠藤照明」、旅行代理店大手の「エイチ・アイ・エス」、マルチメディアコンテンツ配信・放送の「ブロードメディア」、着物販売の「京都きもの友禅」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事