不景気.com > 赤字決算 > LIXILが純損益200億円の赤字見通し、16年3月期

LIXILが純損益200億円の赤字見通し、16年3月期

LIXILが純損益200億円の赤字見通し、16年3月期

東証・名証1部上場の住宅設備大手「LIXILグループ」は、2016年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が200億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年3月期通期連結業績予想:LIXILグループ

売上高営業損益純損益
前回予想 1兆8550億円 620億円 50億円
今回予想 1兆8400億円 570億円 △200億円
前期実績 1兆6734億円 516億7400万円 220億1200万円

退職給付債務について金利低下に伴い営業損失100億円が発生したことに加え、関連会社投資関連損失に係る影響で90億円、不採算事業の減損処理で85億円、中国ビル事業で40億円のそれぞれ下振れ要因となり、また、国内新築需要の低迷も重なったため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:LIXILグループ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事