不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/27、赤字業績の発表が多く

週刊不景気ニュース3/27、赤字業績の発表が多く

週刊不景気ニュース3/27、赤字業績の発表が多く

3月21日から27日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産申請により倒産したのは、東京の設備工事「坂田工業」、群馬の家電メーカー「松木技研」、愛知の漬物製造「村上亀吉商店」、岡山の建設業「ヨネザワ建設工業」、東京のプラスチック加工「三栄製作所」となったほか、石川の元旅館経営「相互開発事業」が特別清算の開始決定を受け、自動車部品製造「フタバ産業」のタイ関連会社「YMP PRESS & DIES」が法的整理を申請しました。

また、愛媛の食品加工「セトウチデリカ」が再生手続の廃止決定を受けたほか、高齢者支援の公益財団法人「日本ライフ協会」が民事再生手続を断念したことが明らかになりました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、半導体検査システム製造の「テセック」、バス・鉄道用システム機器製造の「レシップホールディングス」、自動車向け特殊鋼メーカーの「愛知製鋼」、百貨店経営の「丸栄」、大手商社の「三井物産」、大手商社の「三菱商事」、コークス製造の「日本コークス工業」、ホームセンター展開の「ケーヨー」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事