不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/6、倒産や上場企業関連の話題多く

週刊不景気ニュース3/6、倒産や上場企業関連の話題多く

週刊不景気ニュース3/6、倒産や上場企業関連の話題多く

2月29日から3月6日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や上場企業関連の話題が多い1週間となりました。

破産申請により倒産したのは、東京の出版業「育文社」、秋田の飲食店経営「KAMADAスマイルコーポレーション」、東京の衣料品製造「ニシザワテキスタイル」、神奈川の産業用コンピュータ開発「マイクロキャッツ」、福井の衣料品販売「エクスインターナショナル」、大阪のシリコン材料リサイクル「ユナテック」となりました。

また、東京の印刷業「マコト印刷」と、富山のゴルフ場経営「御坊山観光開発」が民事再生法の適用を申請したほか、東京のスポーツ関連広告代理「アスリート・パートナーズ」が特別清算の開始決定を受け、海外ではアメリカの大手スポーツ用品チェーン「スポーツオーソリティー」が破産法第11章を申請しました。

一方、上場企業関連では、電機大手の「NEC」が子会社「NECモバイルコミュニケーションズ」の清算に伴い約1012億円を債権放棄、ビジネスコンサルティングの「パス」が子会社「gift」に対する貸付金2億4000万円を債権放棄するほか、自動車部品・樹脂製品製造の「タカギセイコー」が債権回収不能のおそれを発表しました。

そのほか、ネットワーク機器製造の「アライドテレシスホールディングス」と、医療・医薬関連事業の「メディビックグループ」が継続企業の前提に関する重要な疑義を注記したほか、医療関連事業の「T&Cホールディングス」が債務超過の猶予期間入り、モバイル向けシステム開発の「ファステップス」、再生エネルギー事業の「省電舎」、電子部品検査装置製造の「ウインテスト」が時価総額の猶予期間入り銘柄に指定されました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事