不景気.com > 買収合併 > 東芝メディカルシステムズを6655億円でキヤノンへ売却

東芝メディカルシステムズを6655億円でキヤノンへ売却

東芝メディカルシステムズを6655億円でキヤノンへ売却

電機大手の「東芝」は、3月17日付で100%出資子会社の「東芝メディカルシステムズ」(栃木県大田原市)を約6655億円でキヤノンへ売却したと発表しました。

1948年に設立の同子会社は、X線診断・CT・MRIシステムなど医療用機器の開発・製造・販売を主力に事業を展開していました。

しかし、東芝は有価証券報告書の虚偽記載で信用が失墜したほか、2016年3月期は7100億円の最終赤字を見込むなど業績が大きく悪化しています。

そのため、再構築策として不採算事業からの撤退や大規模な人員削減を進めており、今回の売却により毀損した財務状況の改善を目指す方針です。

東芝メディカルシステムズ株式会社の売却について:東芝

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事