不景気.com > 国内倒産 > 石川の旅館経営「相互開発事業」が特別清算、負債50億円

石川の旅館経営「相互開発事業」が特別清算、負債50億円

石川の旅館経営「相互開発事業」が特別清算、負債50億円

官報によると、石川県加賀市に本拠を置いていた元旅館経営の「株式会社相互開発事業」(旧商号:加賀観光ホテル)は、3月15日付で大阪地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1957年に設立の同社は、加賀片山津温泉にて温泉旅館「加賀観光ホテル」を経営するほか、2006年に他社より譲受した旅館を改装し温泉旅館「季がさね」としてオープンするなど、片山津温泉を代表する宿泊事業者として業績は好調に推移していました。

しかし、個人消費の落ち込みや競争激化で業績が悪化すると、積極的な設備投資が裏目となり資金繰りが逼迫したため、営業継続を目的として新会社を設立し事業を譲渡した一方、自らは清算目的会社として現商号へ改称し事後処理を進めていました。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約50億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事