不景気.com > 企業不況 > 省電舎を時価総額の猶予期間入り銘柄に、省エネ撤退響く

省電舎を時価総額の猶予期間入り銘柄に、省エネ撤退響く

省電舎を時価総額の猶予期間入り銘柄に、省エネ撤退響く

東京証券取引所は、3月1日付で2部上場の「省電舎」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社の2月時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる11月30日までに時価総額が所要額を超えない場合は上場廃止となります。

主力だった省エネルギー関連事業からの撤退に伴い、前期比で売上高が大幅に減少していることが一因と考えられるものの、同社によると、案件の精査により利益性は改善傾向にあり、今後も業績回復に向け努力するとのことです。

上場廃止に係る猶予期間入り:省電舎 | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事