不景気.com > 赤字決算 > 京急が40億円の赤字へ、久里浜線の延伸凍結、16年3月期

京急が40億円の赤字へ、久里浜線の延伸凍結、16年3月期

京急が40億円の赤字へ、久里浜線の延伸凍結、16年3月期

東証1部上場の鉄道会社「京浜急行電鉄」は、2016年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が40億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年3月期通期連結業績予想:京浜急行電鉄

売上高営業損益純損益
前回予想 3130億円 285億円 130億円
今回予想 3130億円 150億円 △40億円
前期実績 3177億1000万円 267億8300万円 107億7500万円

神奈川県・三浦半島における人口減少や地価下落を踏まえ、計画していた久里浜線延伸事業(三崎口~油壺間)および延伸区間の不動産開発事業を凍結することから、棚卸資産評価損などとして約150億円、減損損失として約30億円をそれぞれ計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:京浜急行電鉄

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事