不景気.com > 企業不況 > ジオネクストを猶予期間入り銘柄に指定、4期連続赤字で

ジオネクストを猶予期間入り銘柄に指定、4期連続赤字で

ジオネクストを猶予期間入り銘柄に指定、4期連続赤字で

東京証券取引所は、ジャスダック上場で再生可能エネルギー事業などを手掛ける「ジオネクスト」(旧商号:ターボリナックスHD)を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2012年12月期から2015年12月期まで4期連続で営業赤字および営業キャッシュフローがマイナスに陥ったための措置で、猶予期間となる12月31日までに営業赤字および営業キャッシュフローのマイナスを解消できない場合は上場廃止となります。

ヘルスケア事業および再生可能エネルギー事業に新規進出したものの、新株予約権の権利行使が想定通り進まなかったことから、十分な資金調達ができなく計画未達となったため、4期連続での営業赤字の継続となりました。

上場廃止に係る猶予期間入り:ジオネクスト | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事