不景気.com > 海外倒産 > フタバ産業のタイ関連会社が法的整理申請、負債295億円

フタバ産業のタイ関連会社が法的整理申請、負債295億円

フタバ産業のタイ関連会社が法的整理申請、負債295億円

東証・名証1部上場でマフラーなど自動車部品製造の「フタバ産業」は、30%出資するタイの持分法適用関連会社「YMP PRESS & DIES」が、2月末にタイ国法に基づく法的整理を申請したと発表しました。

2003年に設立のYMP社は、プレス金型の設計・製作および自動車部品の製造を手掛けているものの、景気低迷に伴う業績の悪化から多額の債務を抱える状況に陥っているため、財務状況の改善および製品の安定供給の観点から今回の申請に至ったようです。

2015年3月末時点の負債総額は約295億円です。

なお、フタバ産業は保有する債権について回収不能のおそれが生じたことを併せて発表し、債権額は貸付金6億6800万円、売掛金4億4700万円で、保有する株式も含め全額を損失処理済みのため、連結業績に与える影響はないとのことです。

持分法適用関連会社の法的整理手続き開始の申立て:フタバ産業

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事