不景気.com > 国内リストラ > ケーヒンの早期退職に404名が応募、リストラ費用53億円

ケーヒンの早期退職に404名が応募、リストラ費用53億円

ケーヒンの早期退職に404名が応募、リストラ費用53億円

東証1部上場の自動車部品メーカー「ケーヒン」は、2015年12月14日付で公表していた特別早期退職支援に404名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは46歳以上の正規従業員で、退職日は2月29日および3月31日。当初の募集人員400名に対し、ほぼ想定通りの応募者数となり、特別加算金などの費用として約53億円を計上する予定です。

国内市場の縮小に伴う生産量の減少により、国内単体の業績は赤字基調が続くなど厳しい環境に陥っており、今後も競争激化が続くなかで国内事業の合理化が急務と判断し今回の削減を決定したようです。

特別早期退職支援の募集結果に関するお知らせ:ケーヒン

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事