不景気.com > 国内倒産 > 山形の山菜加工「イワショク」が自己破産申請へ、負債7億円

山形の山菜加工「イワショク」が自己破産申請へ、負債7億円

山形の山菜加工「イワショク」が自己破産申請へ、負債7億円

河北新報(電子版)によると、山形県最上町に本拠を置く食品加工の「株式会社イワショク」は、2月24日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1970年に創業、1985年に「有限会社岩本食品」として法人化した同社は、ゼンマイ・ワラビ・タケノコなど山菜の水煮加工・販売を主力に事業を展開していました。

しかし、成長を牽引していた中国産原料を使用した商品が、食の安全の懸念などから販売不振に陥ると、国産原料を使用した商品に注力するなど業績回復を目指したものの、業績は下降線を辿ったため事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約7億7000万円の見通しです。

イワショク破産申請へ 負債総額7億超 | 河北新報

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事