不景気.com > 国内倒産 > 福岡のバイオマス水素製造「イデックスエコエナジー」が破産

福岡のバイオマス水素製造「イデックスエコエナジー」が破産

福岡のバイオマス水素製造「イデックスエコエナジー」が破産

福岡県大牟田市に本拠を置くバイオマス水素製造の「株式会社イデックスエコエナジー」は、2月10日付で福岡地方裁判所大牟田支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1970年に設立の同社は、九州でガソリンスタンドの運営などを手掛ける「新出光」の子会社で、2009年に「新出光テクノサービス」から現商号へ改称し、バイオマス水素の製造・販売事業を展開していました。

その後、大牟田市にて2011年に工場が完成したものの、水素を製造する際に不純物が発生する不具合から実用化のめどが立たず、2015年9月に工場を閉鎖し事業から撤退していました。

信用調査会社の東京経済によると、負債総額は約16億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事