不景気.com > 企業不況 > 翻訳センターが中国子会社を解散、収益確保が困難

翻訳センターが中国子会社を解散、収益確保が困難

翻訳センターが中国子会社を解散、収益確保が困難

ジャスダック上場で産業翻訳サービスを手掛ける「翻訳センター」は、100%出資子会社の「北京東櫻花翻訳」(中国・北京市)を解散および清算すると発表しました。

2008年に設立の同子会社は、中国にて事業を展開する日系企業を対象に翻訳業務を手掛けているものの、同国内における経済状況の停滞や事業環境の変化などから、収益確保は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

なお、この解散に伴う連結業績への影響は軽微とのことです。

子会社の解散に関するお知らせ:翻訳センター

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事