不景気.com > 赤字決算 > マクドナルドが過去最大347億円の赤字、15年12月期

マクドナルドが過去最大347億円の赤字、15年12月期

マクドナルドが過去最大347億円の赤字、15年12月期

ジャスダック上場でファーストフード最大手の「日本マクドナルドホールディングス」は、2015年12月期通期決算短信を発表し、当期純損益が347億400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年12月期通期連結業績:日本マクドナルドホールディングス

売上高営業損益純損益
15年12月期 1894億7300万円 △252億3300万円 △347億400万円
前期実績 2223億1900万円 △67億1400万円 △218億4300万円
次期予想 2200億円 33億円 10億円

期限切れチキンの使用や異物混入など一連の問題を要因として、既存店売上高は前期に比べ15.2%の減収となったことに加え、不採算店舗の閉鎖などリストラ費用が増加したことから、純損益は上場以来、最大の赤字となりました。なお、次期予想については、積極的なリストラ策の効果などから黒字転換を見込んでいます。

2015年12月期決算短信:日本マクドナルドホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事