不景気.com > 海外リストラ > 米ウォルマートが不採算269店舗を閉鎖へ、1.6万名に影響

米ウォルマートが不採算269店舗を閉鎖へ、1.6万名に影響

米ウォルマートが不採算269店舗を閉鎖へ、1.6万名に影響

アメリカの小売大手「ウォルマート・ストアーズ」は、不採算の269店舗を閉鎖すると発表しました。

閉鎖数は全11600店舗の2%強で、対象となるのはアメリカ国内で154店舗、国外で115店舗。アメリカ国内については小型店「ウォルマート・エクスプレス」の全102店舗を含み、また、国外についてはブラジルで60店舗、その他のラテンアメリカで55店舗の予定です。

この施策に伴い、16000名の雇用に影響が及ぶ見通しで、アメリカ国内については近隣店舗への配置転換を実施するほか、退職者には特別退職金を支払うとのことです。

Walmart Continues Sharpened Focus on Portfolio Management

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事