不景気.com > 企業不況 > フード・プラネットを時価総額の猶予期間入り銘柄に指定

フード・プラネットを時価総額の猶予期間入り銘柄に指定

フード・プラネットを時価総額の猶予期間入り銘柄に指定

東京証券取引所は、2部上場で太陽光関連事業やデザート事業を手掛ける「フード・プラネット」(旧商号:アジェット、YAMATO)を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社の2015年12月時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日までに時価総額が所要額を超えない場合は上場廃止となります。

子会社における不適切会計の疑いから第三者委員会を設置し調査を行っており、それに伴う過年度決算の訂正の可能性や、2015年9月期有価証券報告書の提出延期など経営への影響が懸念される状況となっています。なお、同社によると調査への協力などを通じ上場維持を目指すとのことです。

上場廃止に係る猶予期間入り:フード・プラネット | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事