不景気.com > 買収合併 > ヤフーが宿泊予約サイト「一休」を1000億円で買収

ヤフーが宿泊予約サイト「一休」を1000億円で買収

ヤフーが宿泊予約サイト「一休」を1000億円で買収

東証1部上場のインターネットサービス大手「ヤフー」は、東証1部上場で宿泊予約サイト運営の「一休」を買収すると発表しました。

ヤフーは、一休の株式に対し1株3433円で株式公開買付(TOB)を実施し完全子会社化する方針で、買収金額は約1000億円の予定です。

一休は、高級ホテル・旅館を主に扱う宿泊予約サイト「一休.com」の運営を主力に事業を展開するほか、レストラン予約サービスも手掛けるなど富裕層を中心に約413万人の会員数を誇っており、ヤフーは、運営する同様のサービスとのシナジー効果が見込めるとして今回の決定に至ったようです。

一休に対する公開買付けの開始に関するお知らせ:ヤフー

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事