不景気.com > 国内リストラ > 東芝が早期退職などで1200名を削減、半導体再構築で

東芝が早期退職などで1200名を削減、半導体再構築で

東芝が早期退職などで1200名を削減、半導体再構築で

東証・名証1部上場の電機大手「東芝」は、早期退職優遇制度および再配置による1200名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのはシステムLSI事業・ディスクリート半導体事業に従事する者および「セミコンダクター&ストレージ」の営業・スタッフ部門に在籍する者で、そのうち満40歳以上かつ勤続10年以上の者については早期退職優遇制度を適用する方針です。

10月28日付で公表した半導体事業における再構築策の一環として実施されるもので、すでに発表されている、CMOSイメージセンサ事業からの撤退に伴うソニーグループへの約1100名の移籍と合わせると、2300名規模の人員削減となる見通しです。

半導体事業の構造改革に伴う人員合理化の実施について:東芝

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事