不景気.com > 買収合併 > 米マクドナルドが「日本マクドナルド」の保有株売却を検討

米マクドナルドが「日本マクドナルド」の保有株売却を検討

米マクドナルドが「日本マクドナルド」の保有株売却を検討

ジャスダック上場のファーストフード最大手「日本マクドナルドホールディングス」について、その株式の約50%を保有する筆頭株主の米国「マクドナルド」は、保有株の売却を検討していることが明らかになりました。

米社は、投資ファンドや商社などに対し最大で約33%の保有株売却を打診しているもようで、売却が実現した場合には、これまでの米社主導による経営体制からの転換となりそうです。

日本のマクドナルドをめぐっては、期限切れ鶏肉の使用や異物混入問題などで客離れが続いており、不採算店の閉鎖など積極的なリストラ策を進めているものの、2015年12月期の連結業績は約400億円の最終赤字を見込むなど厳しい業績に陥っています。

なお、この件に関して、日本マクドナルドHDは「コメントできることはございません」とのリリースを発表しています。

本日の一部報道について:日本マクドナルドホールディングス

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事