不景気.com > 国内倒産 > 東京・池袋の有名ラーメン店経営「KM」に破産決定、負債9億円

東京・池袋の有名ラーメン店経営「KM」に破産決定、負債9億円

東京・池袋の有名ラーメン店経営「KM」に破産決定、負債9億円

東京商工リサーチによると、東京都豊島区南池袋に本拠を置くラーメン店経営の「株式会社KM」は、12月2日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1991年に設立の同社は、有名ラーメン店「光麺」の運営を主力に事業を展開し、池袋を発祥の地として原宿・恵比寿・六本木など都内繁華街や郊外フードコートなどに10店舗超を展開していました。

しかし、ラーメン業界における競争激化で徐々に業績が悪化すると、生き残り策の一環として店舗ごとに運営会社の分割が行われ、同社は池袋西口店・六本木店・上野店の3店舗を運営することになったものの、その後も業績の低迷が続いたことで、今年10月には運営する店舗を閉鎖し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約9億8000万円の見通しです。

ラーメン店経営、KMが破産開始決定 (東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事