不景気.com > 国内倒産 > 岡山のソーラー販売「ジャパンエネルギーグループ」が事業停止

岡山のソーラー販売「ジャパンエネルギーグループ」が事業停止

岡山のソーラー販売「ジャパンエネルギーグループ」が事業停止

岡山県岡山市に本拠を置く太陽光発電システム販売の「株式会社ジャパンエネルギーグループ」は、12月15日付で従業員に解雇を通知し事業を停止したことが明らかになりました。

2013年に設立の同社は、メガソーラー機器の卸売やそれに関わるコンサルティングに加え、家庭用太陽光発電システムや太陽光パネルが設置されたカーポートの販売を主力に事業を展開し、東京・大阪・熊本・福岡・山口に営業拠点を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、主力商品の一つだったカーポートの設計・施工で不具合が発生したほか、積極的な事業拡大に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約28億4000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事