不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース12/13、倒産情報が多い1週間

週刊不景気ニュース12/13、倒産情報が多い1週間

週刊不景気ニュース12/13、倒産情報が多い1週間

12月7日から13日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産情報が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、京都のアルミ鋳造「木瀬アルミ製作所」、愛知の管材販売「シンエツセラコン」、東京の婦人服製造卸「昭和ドレス」、青森の温泉旅館「古畑旅館」、兵庫のPC関連サービス「アイ・システム」、兵庫のゲーム機製造「こまや」、神奈川の特装車製造「テクノファースト」、東京のラーメン店経営「KM」、神奈川の相続手続代行「相続ネットワーク」、広島のシステム開発「アイルネット」、沖縄の建設業「沖信建設」、大阪の包装資材卸「奥山」、東京の出版社「五月書房」、香川のアクセサリー製造「カンプラ工業」となりました。

また、長野のゴルフ場経営「望月サニーカントリー」が民事再生法の適用を申請し、愛媛の元スキー場運営「久万総合開発」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、繊維業の「ユニチカ」が中国子会社「ユニチカエンブレムチャイナ」を解散し、人材派遣の「エスプール」が子会社「エスプールエコロジー」を解散すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事