不景気.com > 不景気ニュース > 8月の生活保護は162万8724世帯で減少に転じる

8月の生活保護は162万8724世帯で減少に転じる

8月の生活保護は162万8724世帯で減少に転じる

厚生労働省が発表した「被保護者調査」(概数)によると、8月の生活保護受給世帯数は前の月に比べ181世帯減の162万8724世帯となり、過去最多だった前の月から減少に転じたことが明らかになりました。

被保護世帯数および被保護実人員:厚生労働省調べ

被保護世帯数被保護実人員
15年8月 162万8724世帯 216万3356人
15年7月 162万8905世帯 216万5278人
15年6月 162万5941世帯 216万3128人
15年5月 162万2525世帯 216万1442人
15年4月 162万924世帯 216万3414人
15年3月 162万2458世帯 217万4331人
15年2月 161万8685世帯 216万9165人
15年1月 161万8817世帯 217万0242人
14年12月 161万8196世帯 217万0161人
14年11月 161万4900世帯 216万6773人
14年10月 161万5240世帯 216万8393人
14年9月 161万1953世帯 216万4909人

生活保護の受給者数で見ても、前の月に比べ1922人の減少となりました。一方、世帯類型別では「傷病者・障がい者世帯」や雇用環境の改善による「その他の世帯」で減少したものの、高齢者世帯では依然として増加が続いています。

被保護者調査(平成27年8月分概数)|厚生労働省

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事