不景気.com > 赤字決算 > 三陽商会がバーバリーブランド変更で28億円の特別損失

三陽商会がバーバリーブランド変更で28億円の特別損失

三陽商会がバーバリーブランド変更で28億円の特別損失

東証1部上場のアパレルメーカー「三陽商会」は、バーバリーブランドのライセンス契約終了に伴い、ブランド変更の費用として28億3400万円の特別損失を計上すると発表しました。

同社では、2015年春夏シーズンをもってバーバリーブランドの販売を終了し、主力ブランドとして展開する「マッキントッシュロンドン」などへ売場改装をはじめとするブランド変更を進めていました。

なお、この件に伴う業績予想の変更はないとのことです。

特別損失の計上に関するお知らせ:三陽商会

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事