不景気.com > 不景気ニュース > 7-9月期のGDPは年率マイナス0.8%、2四半期連続マイナス

7-9月期のGDPは年率マイナス0.8%、2四半期連続マイナス

7-9月期のGDPは年率マイナス0.8%、2四半期連続マイナス

内閣府が発表した「2015年7-9月期GDP速報」(1次速報値)によると、7-9月期の実質GDP成長率は前四半期に比べマイナス0.2%、年率換算でマイナス0.8%となり、2四半期連続のマイナス成長だったことが明らかになりました。

外需は0.1%のプラスだったものの、民間企業における設備投資の減少や在庫の増加などから、内需は0.3%のマイナス要因となり、景気回復の局面において企業の慎重姿勢が鮮明となりました。

一方、個人消費においては衣服・飲食・食料品などが堅調だったことから、実質で0.5%の増加となり2四半期ぶりの回復となりました。

2015年7-9月期・1次速報- 内閣府

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事