不景気.com > 国内倒産 > 焼肉店「福岡叙々苑」の経営会社「スリービー」が破産申請へ

焼肉店「福岡叙々苑」の経営会社「スリービー」が破産申請へ

焼肉店「福岡叙々苑」の経営会社「スリービー」が破産申請へ

東京商工リサーチによると、福岡県福岡市に本拠を置く焼肉店経営の「株式会社スリービー」は、11月9日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1986年にのれん分けのかたちで創業の同社は、福岡市内の繁華街などで「福岡叙々苑」の店名にて焼肉店を展開し、ピーク期には5店舗まで規模を拡大するなど業績は好調に推移していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや狂牛病をはじめとする風評被害に加え、大手焼肉チェーンの進出による競争激化で業績が悪化したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

「福岡叙々苑」運営のスリービー破産へ (東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事