不景気.com > 買収合併 > カルビーが中国企業との合弁を解消、赤字が続き

カルビーが中国企業との合弁を解消、赤字が続き

カルビーが中国企業との合弁を解消、赤字が続き

東証1部上場の菓子大手「カルビー」は、中国の菓子大手「康師傅グループ」および「伊藤忠商事」の3社による合弁会社「カルビー(杭州)食品」の合弁契約を解消すると発表しました。

2012年に設立のカルビー(杭州)食品は、カルビーが51%、康師傅グループが45%、伊藤忠商事が4%をそれぞれ出資する合弁会社で、中国のスナック市場におけるシェア拡大を目的として事業を展開していました。

しかし、赤字が続くなど厳しい環境に陥っているほか、今後の事業戦略においても意見が異なっているため、カルビーおよび伊藤忠商事がそれぞれの持分を康師傅グループへ譲渡し、合弁契約の解消に至ったようです。

中国杭州合弁会社の持ち株譲渡に関するお知らせ:カルビー

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事