不景気.com > 景気対策 > シャープが自社製品の購入を社員に呼び掛け、一人5万円目標

シャープが自社製品の購入を社員に呼び掛け、一人5万円目標

シャープが自社製品の購入を社員に呼び掛け、一人5万円目標

東証1部上場の電機大手「シャープ」は、社員を対象に自社製品の購入を呼び掛ける「特別社員販売セール」を実施することが明らかになりました。

対象となるのは全社員約2万人で、役員は20万円、管理職は10万円、一般社員は5万円のそれぞれ購入目標金額が設定されているものの、あくまでも呼び掛けであって、購入義務などのノルマはないとのことです。

このような自社製品購入の呼び掛けは、リーマンショック直後の2009年に「パナソニック」、「三洋」、「富士通」、「トヨタ」で実施された前例があるものの、全社員を対象として、且つ目標金額が設定されているのは異例で、厳しい環境に置かれている同社の立場が改めて明らかとなりました。

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事