不景気.com > 企業不況 > 雑貨屋ブルドッグが債務超過の猶予期間入り、赤字続き

雑貨屋ブルドッグが債務超過の猶予期間入り、赤字続き

雑貨屋ブルドッグが債務超過の猶予期間入り、赤字続き

東京証券取引所は、ジャスダック上場の雑貨販売業「雑貨屋ブルドッグ」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2015年8月期決算において1億4300万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間は2016年8月31日までとなります。

ただし、同社は代表を同じくする雑貨販売業「アクサス」(徳島県徳島市)との経営統合を予定しており、その統合会社が2016年3月1日付でテクニカル上場するのに先立ち、同社は同年2月25日付で上場廃止となる予定のため、その時をもって猶予期間は解除される見通しです。

上場廃止に係る猶予期間入り:雑貨屋ブルドッグ | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事