不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース10/25、倒産やリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース10/25、倒産やリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース10/25、倒産やリストラが多い1週間

10月19日から25日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラ、事業撤退などの話題が多い1週間となりました。

破産開始決定を受け倒産したのは、福岡の家具製造「みやざき木工」、東京の人材派遣「ティーシーモックス」、大阪の出版社「国際企画」、宮城の水産品加工「丸一龍神丸水産」、東京の出版社「パッチワーク通信社」、東京の中国生産代行「ジーティーインターナショナル」、東京のプレハブ組立ハウスの設計・施工「アコモテクノ」、東京の鰹節問屋「いし田」、群馬の建築業「ジーケイホーム」、千葉の運送業「ソーヨー運輸」となりました。

また、埼玉の元自動車部品製造「ユウエフテック」と山形の元ホテル運営「ワイ・ジー・エイチ」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、製薬会社の「第一三共」がアメリカで最大1200名の人員削減を実施し、自動車部品製造「ユニバンス」の特別転進制度に162名が応募したことが明らかになりました。

そのほか、週刊新聞の「週刊将棋」が休刊、「ヤフー」が18アプリ・サービスを終了、建材メーカーの「大日本木材防腐」が会津工場を閉鎖、学校法人南山学園が「南山国際高校・中学校」を廃止するとそれぞれ発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事