不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース10/11、破産の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース10/11、破産の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース10/11、破産の話題が多い1週間

10月5日から11日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。破産申請の話題が多い1週間となりました。

破産開始決定を受け倒産したのは、東京の出版社「ケーイー」、大阪のユニフォーム製造「千代田商事」、秋田のギフト販売「秋田ギフト館」、神奈川の服飾小物販売「ビリーヴァブル」、埼玉の建築業「シーダホーム」、佐賀の陶磁器製造「親和陶磁器」、東京の広告業「アド・サクセス」、宮城のタクシー業「宮城野交通」、京都のタクシー業「京聯自動車」、千葉の水道工事「中村水建」、東京のシステム開発「メルソー」、埼玉の飲食業「リトル」、東京の建築業「宮尾工務店」、東京の貿易業「東豊通商」、東京の電子機器製造「アローズフォース」となりました。

また、東京の太陽光パネル販売「HYTEXソリューションズ」が民事再生法の適用を申請したほか、海外ではアメリカのカジュアルウェア製造・販売「アメリカン・アパレル」が破産法第11章を申請しました。

そのほか、飲食チェーン「フレンドリー」の希望退職者募集に32名が応募したほか、埼玉の百貨店「西武春日部店」の閉店が明らかになりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事