不景気.com > 国内リストラ > 東芝がCMOSセンサーと白色LED事業から撤退、人員削減も

東芝がCMOSセンサーと白色LED事業から撤退、人員削減も

東芝がCMOSセンサーと白色LED事業から撤退、人員削減も

東証・名証1部上場の電機大手「東芝」は、CMOSイメージセンサ事業および白色LED事業から撤退すると発表しました。

CMOSイメージセンサ事業の撤退に伴い、2015年度中をめどとして大分工場の300mmウェハー製造ラインに関係する資産を「ソニー」へ譲渡し、同事業の従業員約1100名についてもソニーグループへ移籍する予定です。

また、これら施策に伴い、システムLSI事業、ディスクリート半導体事業、セミコンダクター&ストレージ社の営業・スタッフ部門を対象に、人員の再配置および早期退職優遇制度を実施する予定です。

システムLSI事業及びディスクリート半導体事業の構造改革について:東芝

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事