不景気.com > 企業不況 > 東福製粉を監理銘柄(確認中)に指定、時価総額基準で

東福製粉を監理銘柄(確認中)に指定、時価総額基準で

東福製粉を監理銘柄(確認中)に指定、時価総額基準で

東京証券取引所は、2部上場の製粉中堅「東福製粉」を10月1日付で監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、同社の2014年9月30日時点の流通株式時価総額が5億円未満となったことで、2015年9月30日を期限とする猶予期間に指定されていたものの、期限最終日の流通株式時価総額が依然として5億円未満となっていることから今回の指定となりました。

なお、猶予期間の最終日から3ヶ月以内に行う公募・売出などは流通株式時価総額とみなされるため、実施されれば上場廃止を回避できる可能性があるほか、仮に東証2部市場を上場廃止となった場合にも、福岡証券取引所に上場していることから取引自体は可能です。

監理銘柄(確認中)の指定 東福製粉 | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事