不景気.com > 買収合併 > サントリーが中国のビール大手「青島ビール」との合弁を解消

サントリーが中国のビール大手「青島ビール」との合弁を解消

サントリーが中国のビール大手「青島ビール」との合弁を解消

国内ビール大手の「サントリーホールディングス」は、中国のビール大手「青島ビール」との折半出資で2013年に設立した合弁会社2社の合弁を解消すると発表しました。

対象となるのは、中国・上海市に本拠を置く「三得利青島啤酒」と「青島啤酒三得利」の2社で、サントリーの現地子会社「サントリー中国ホールディングス」が保有する合弁会社の全株式を青島ビール側に譲渡する予定です。

中国のビール市場は拡大を続けているものの、競争の激化などから売上が伸び悩んでおり、今後も収益拡大は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、今後も青島ビールと製造・販売のライセンス契約を結ぶことで、中国でのサントリービールの製造・販売を続けるとのことです。

「中国ビール事業」合弁企業の株式譲渡について:サントリー

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事