不景気.com > 国内倒産 > アニメ「サムライチャンプルー」制作の「マングローブ」が破産へ

アニメ「サムライチャンプルー」制作の「マングローブ」が破産へ

アニメ「サムライチャンプルー」制作の「マングローブ」が破産へ

東京都杉並区に本拠を置くアニメ制作の「株式会社マングローブ」は、9月29日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

2002年に設立の同社は、自社で企画・制作を手掛けた「サムライチャンプルー」や「Ergo Proxy」で知名度を高めたほか、漫画雑誌「週刊少年サンデー」に連載されていた作品のアニメ化を手掛けていました。

しかし、近年はヒット作に恵まれなかったことに加え、制作費の増加が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約3億5000万円の見通しです。

アニメ制作、マングローブが破産申請へ (東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事