不景気.com > 企業不況 > LCAホールディングスが上場廃止、内部管理体制の改善なく

LCAホールディングスが上場廃止、内部管理体制の改善なく

LCAホールディングスが上場廃止、内部管理体制の改善なく

東京証券取引所は、2部上場の経営コンサルティング業「エル・シー・エーホールディングス」を、12月1日付で上場廃止にすると発表しました。

過去の虚偽記載について、2014年2月8日付で特設注意市場銘柄に指定し、その1年経過後の審査において改善が認められないとして同指定を継続、1年6ヶ月経過後の今回の審査においても内部管理体制の改善が認められないと判断し上場廃止の決定となりました。

具体的には、契約についての管理・検証体制の不備、多数の不明入金について調査が不適切、債権者との間で返済についての協議が開始すらされていない、貸倒引当金の計上について債務者調査など回収に向けた取り組みを実施していない、内部監査・監査役監査において不備の解消に向けた指摘ができていない、などの点から今回の決定に至ったようです。

上場廃止等の決定:エル・シー・エーホールディングス | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事