不景気.com > 国内倒産 > ゲーム開発の「アートムーヴ」が弁護士一任、「QuinRose」展開

ゲーム開発の「アートムーヴ」が弁護士一任、「QuinRose」展開

ゲーム開発の「アートムーヴ」が弁護士一任、「QuinRose」展開

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都豊島区に本拠を置くゲームソフト開発の「株式会社アートムーヴ」は、9月25日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

2008年に設立の同社は、プレイステーションなど家庭用ゲーム機向けソフトウェアの開発を主力に事業を展開し、恋愛アドベンチャーゲームブランドの「QuinRose」(クインロゼ)を立ち上げ、「ハートの国のアリス」など有名タイトルを開発していました。

しかし、スマホゲームの台頭などから徐々に売上が落ち込んだほか、競争激化も重なり業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事