不景気.com > 赤字決算 > 東芝の15年3月期は純損益378億円の赤字、不適切会計で

東芝の15年3月期は純損益378億円の赤字、不適切会計で

東芝の15年3月期は純損益378億円の赤字、不適切会計で

東証・名証1部上場の電機大手「東芝」は、2015年3月期決算短信を発表し、当期純損益が378億2500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年3月期通期連結業績:東芝

売上高営業損益純損益
15年3月期 6兆6558億円 1704億3900万円 △378億2500万円
前期実績 6億4897億円 2571億2600万円 602億4000万円
次期予想 未定 未定 未定

アメリカにおける原子力発電所の事業開発会社に対する投融資の減損処理や、半導体事業および家庭電器事業の減損損失に加え、繰延税金資産の取り崩しも影響し純損益は赤字転落となりました。

また、過去の不適切な会計処理に伴い過年度決算を訂正し、純損益ベースの下方修正額は過去7年間で1552億円となりました。

2015年3月期決算短信:東芝

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事