不景気.com > 国内リストラ > 損保ジャパン日本興亜が早期退職による200名の人員削減へ

損保ジャパン日本興亜が早期退職による200名の人員削減へ

損保ジャパン日本興亜が早期退職による200名の人員削減へ

東証1部上場の損害保険大手「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」は、ライフプラン支援特別措置による200名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは満40歳以上の社員で、退職日は2016年3月31日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

損保ジャパンと日本興亜が2014年9月に合併を完了したことから、余剰人員の削減による収益性の向上を目的として今回の施策を決定したようです。

ライフプラン支援特別措置に関するお知らせ:損保ジャパン日本興亜ホールディングス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事