不景気.com > 企業不況 > リソー教育を監理銘柄(審査中)に指定、特設注意銘柄継続で

リソー教育を監理銘柄(審査中)に指定、特設注意銘柄継続で

リソー教育を監理銘柄(審査中)に指定、特設注意銘柄継続で

東京証券取引所は、一部上場で学習塾の「トーマス」などを運営する「リソー教育」を、9月11日付で監理銘柄(審査中)に指定すると発表しました。

2008年から2014年までの6年間に売上・利益を過大に計上するなど不適切な会計処理が明らかとなったため、同社株式は2014年3月11日付で特設注意市場銘柄に指定され、その後、同社から提出された内部管理体制確認書によると改善点は認められるものの、コーポレート・ガバナンスの改善に向けたさらなる取り組みが必要として、2015年9月8日付で特設注意市場銘柄の指定継続となりました。

そのため、最初の指定から1年6ヶ月後となる9月11日以後に再提出される内部管理体制確認書の内容によっては、上場廃止基準に該当するおそれがあることから監理銘柄(審査中)の指定となりました。

監理銘柄(審査中)の指定 --リソー教育-- | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事